レース名 J−1 ドリキン R2
開催日 2006年2月19日(日)
会場 安比高原ザイラーゲレンデ駐車場特設会場
参加台数 ジムニー73台

   
< 基本ルール >
  @競技は、コース内のパイロンで規制したコースにより争われる。
  Aタイム制とし第1ヒート(午前)、第2ヒート(午後)の2回の走行で早いタイムを採用し順位を決定する。同タイムの場合は、もう一方のタイムにより順位を決める。
  Bパイロンタッチ・・1回→+5秒
  C制限時間・・2分
  D全2戦でのシリーズ戦となり、各戦上位10名にはシリーズポイントが与えられる。
ただし全2戦出場した者のみ表彰の対象となる。



天候にも恵まれ暖かい日差しにつつまれた安比高原ザイラーゲレンデ駐車場特設会場。
当日エントリーも有、参加台数73台と1戦目を上回るエントリーとなった。

日中、気温も上がり路面からは土が見え始め、今回ボーナスゾーンは設けずタイム重視のレース展開となった。雪まじりの泥を、巻き上げながらハイスピードで走り抜けるジムニーにギャラリーからも大きな歓声があがり、チームメイトを応援する姿も多くみられた。
第2戦を制したのは、第1戦目優勝の吉田明成選手。2連覇で堂々のドリキン初代チャンピオンとなった。
寒い中、ご来場頂きました皆様、本当にありがとうございました!来年もお待ちしております!


   





● J−1 ドリキン 2006 総合表彰